« 2月5日:今週見かけた秋葉原の宣伝ボード&ネコ達 | トップページ | 個人的主張とかお知らせ »

2月7日:2011年冬・ワンダーフェスティバル・誰得スナップ集(笑)

社会人一年生の時、パソコン通信を通じて大変お世話になった方が、一般ディーラーの手伝いをやっていると言う話を聞いて一度は行ってみたいと思っていたワンフェス・・・だけど場所が幕張や混雑必至と言うイベント故に今まで行く気すら起こらなかったのですが、唐突に2011年冬のカタログ入場券を入手する事が出来たので、重い腰を上げて今回初デビューを果たして来ました。

ところでワンフェスと言えば、アキバ系に関わる人も大勢やって来て写真を撮りまくり、ブログを持っている方はその写真を載せると思います・・・が、アキバ系故にどの方の撮る写真の傾向は大抵似通っているんじゃないかと思います(企業、萌え系、エロ系、燃え系等、コスプレ系等) 私も何も考えずに写真を撮ったら、恐らく同様の傾向になると思いますけど、今回は敢えて他のアキバ系な方とはヒネくれた写真の撮り方をしてみました・・・要するに「エロ無し」「企業無し」「萌え&燃え微小」と言う事で、ヲタにはウケない誰得なスナップ集って奴です(苦笑)

もっとも撮影を単独でやっているので、萌え系等も視野に入れて撮ってしまうと、会場内を独りで練り歩くのは不可能だから排除したと言う側面もあるのですけどね・・・ってな訳で、以下写真点数は無駄に多い723枚なので、当日会場へ行けなかった人は「多分一般ディーラーのブースにだけ行った気分に浸れる?」んじゃないかと思う・・・題して「2011年冬・ワンダーフェスティバル・誰得スナップ集」です(笑)

●2011年冬ワンダーフェスティバル・誰得スナップ集(その1~22まで32枚づつ、その23のみ19枚の写真があります)

2011年冬ワンダーフェスティバル・誰得スナップ集・その1
2011年冬ワンダーフェスティバル・誰得スナップ集・その2
2011年冬ワンダーフェスティバル・誰得スナップ集・その3
2011年冬ワンダーフェスティバル・誰得スナップ集・その4
2011年冬ワンダーフェスティバル・誰得スナップ集・その5
2011年冬ワンダーフェスティバル・誰得スナップ集・その6
2011年冬ワンダーフェスティバル・誰得スナップ集・その7
2011年冬ワンダーフェスティバル・誰得スナップ集・その8
2011年冬ワンダーフェスティバル・誰得スナップ集・その9
2011年冬ワンダーフェスティバル・誰得スナップ集・その10
2011年冬ワンダーフェスティバル・誰得スナップ集・その11
2011年冬ワンダーフェスティバル・誰得スナップ集・その12
2011年冬ワンダーフェスティバル・誰得スナップ集・その13
2011年冬ワンダーフェスティバル・誰得スナップ集・その14
2011年冬ワンダーフェスティバル・誰得スナップ集・その15
2011年冬ワンダーフェスティバル・誰得スナップ集・その16
2011年冬ワンダーフェスティバル・誰得スナップ集・その17
2011年冬ワンダーフェスティバル・誰得スナップ集・その18
2011年冬ワンダーフェスティバル・誰得スナップ集・その19
2011年冬ワンダーフェスティバル・誰得スナップ集・その20
2011年冬ワンダーフェスティバル・誰得スナップ集・その21
2011年冬ワンダーフェスティバル・誰得スナップ集・その22
2011年冬ワンダーフェスティバル・誰得スナップ集・その23

注:自宅サーバのインフラが弱いので、画像読み込みが重い事、そして撮った写真の中にピンボケも含まれるので、その辺は大量スナップに免じて勘弁して下さい(苦笑)


●撮った写真の中で、個人的に印象に残った?一般ディーラーさんの作品をサクっと紹介

その1:民主党の某氏(笑)

民主党の元官房長官っぽいフィギュア・・・時折政治をネタにしたフィギュアが登場するからワンフェスって好きです(笑)

その2:ディーラーさんのフットワークの軽さを垣間見た作品

女の子を言葉巧みに魔法少女に仕立てる謎の生物とか、某国で話題沸騰のガ○ダムもどきのロボットが早く立体化・・・ってな訳で、ディーラーさんのフットワークの軽さを垣間見た作品達でした(笑)

その3:デスラー総統のワイングラス

プラキットなので実際に使用に耐えるか疑問ですが、何処かのワインに付いていたグラスよりも遥かにカッコ良かったです・・・ってな訳で、これで是非総統気分に浸りたいなぁ~と思ったりして(笑)

その4:緻密な造形

細部まで丁寧に造り込んでいる軍用車両と食器・・・ディーラーさんの素晴らしい手先の器用さを垣間見た作品でした。

その5:PC 業界のアイドル

アキバ系 PC ヲタに馴染み深いつくもたん・・・問答無用で可愛かったです。

その6:生きているみたいでした

特大のドール・・・生きている人間みたいな表情が凄かったです。

その7:武器系では一番だと思いました

ワンフェスには様々な模造武器が登場しましたが、その中で特に印象に残ったのが、この対戦車ライフル(多分名前はデグチャレフ PTRD 1941) 薬莢を装填してから発射して排莢に至るまでのボルトアクションが地味にカッコ良かったので、お願いして動画に撮らせてもらいました。ちなみこの対戦車ライフル、8mmBB弾を撃てる仕様なので、実用性はともかく、これでサバゲーをやったら気持ち良さそうだなぁ~とも思いました。

その8:蛇の様にクネクネする逸品

一見蛇骨をプラで模したものだと思ったのですが、何と本物を使った逸品だそうです・・・どうやって骨を入手したか聞きませんでしたが、不気味さと実用性が見事に融合しているのが面白かったです。

その9:キツい洒落だわ(笑)

カムチャッカ半島の形をしたチャッカマン・・・だからカムチャッカマン・・・悪い洒落ですね(笑)

その10:1/1宇宙の戦士・パワードスーツ

小説・宇宙の戦士に登場するパワードスーツ・・・その1/1モデルが登場・・・全一般ディーラー作品の中で最も巨大な造形じゃなかったかと思います。ちなみに人が入れるかどうかは不明。

●初参加した2011年冬・ワンダーフェスティバルの雑感
過去に色々なワンフェスでの写真をレポートを見たので、このイベントに対する印象としては「美少女・萌え系フィギュアの祭典」のイメージが非常に強かったのですが、いざ自分で行ってみると、それもイベントの顔の一つですが、本来はそれにそれに拘らない造形物の祭典であった事を今回一般ディーラーの作品を見て歩きまわる事で理解出来ました。そして同時に幕張メッセで開催する事もあって、出展数が半端無く多く、とても一日で巡るのは不可能であると悟りました・・・もっともエロ作品とか企業ブースを排除した結果、辛うじて一般ディーラーのブースは何とか巡る事は出来ました。

本当はエロ作品も全て見て回りたかった(笑)のですが、10時半頃に現地に着いたので、そこから会場に入るまでに40分近くも行列に阻まれてしまったので、結局1時間以上も無駄にしてしまったので、今回は見れませんでしたが、1時間早く会場内に入っていれば、企業を除いて全ての一般ディーラー作品を写真を撮りながら見て回る事は決して不可能ではないと思いました・・・但しその分体力はかなーり使いますけどね(苦笑)

ところでこの手の造り手がメインとなるイベントとして、私は真っ先に静岡ホビーショーの合同作品展を連想しますが、それと比べると「造り手の魂がイマイチ感じられなかった」と思いました。その理由を考えると、このイベントが造り手の作品を展示・物販するイベントなのに何故か「既製品を売るだけで参加しているディーラーさんがいた」事が挙げられます・・・それはガレージキットの祭典に参加する資格ってあるのだろうかと疑問に思ったからです。もちろん全てのディーラーさんがそうあった訳でなく、一般ディーラーを練り歩いて見れば、造り手の魂を感じた作品がたくさんあったのは間違いない事実で、それはアップした写真を見れば判ると思います。

あと、人が一般ディーラーの作品をじっくり見て堪能している時に、ホール奥で超大音量でステージイベントなんかやらないで欲しいですね・・・つ~かステージイベントは企業ブースにでも行って隔離しとけ・・・と、午後に行われたイカ娘のステージイベントにて流れた歌が脳障害を引き起こすくらいの酷さで、真面目に頭が滅入って吐き気を感じてしまったから。本来イカ娘の歌は大好きなんだけど、こればかりは自分の生命(大げさですけど)に関わる事だったので、ファンには申し訳ないのだけど、この場を借りて言わせてもらいます。

以上ちょっとネガティブな感想になったワンフェス初参加の私が思った雑感でしたとさ。
今度は夏開催ですね・・・行くか否かどーしましょうか?

|

« 2月5日:今週見かけた秋葉原の宣伝ボード&ネコ達 | トップページ | 個人的主張とかお知らせ »

特集」カテゴリの記事