« 2012年4月 | トップページ | 2012年6月 »

2012年5月の1件の記事

5月26日:今年も一気に紹介? 2012年 SHS 第23回モデラーズクラブ合同作品展の作品達

先月の GW 以来、約一ヶ月ぶりの更新です・・・つ~か仕事も忙しかったけど、何よりも一度更新が滞ってしまうと、どーにも更新する意欲が欠けますね(苦笑)

さて久々に更新するネタは、毎度お馴染みの秋葉原界隈で見掛けた宣伝ボードの紹介・・・ではなくて、先週5月19日~20日に静岡市で開催された静岡ホビーショー・・・の並行開催イベントで全国の熱きモデラー達の作品が一斉に揃った展示会・第23回モデラーズクラブ合同作品展のネタです。

今年も二日間会場に入り浸って熱きモデラー達の作品を堪能しつつ写真を撮りまくってきました・・・が、昨年全参加199クラブの中で七割しか見て回れなかった事もあって今年は「全クラブ制覇!」と意気込んでみましたけど、今年の参加クラブは昨年を上回る217クラブだった事もあってか、残念ながら今年も全クラブ制覇とはいかず七割(通し番号で言うと1~161まで)しか見て回れませんでした・・・とは言え、撮った枚数は昨年よりもちょっとだけ多い2938枚でしたけどね(苦笑)

そんな訳で以下題して「第51回静岡ホビーショー・モデラーズクラブ合同作品展・撮影率7割だけど【極】と名乗ってもいいよね?スナップ集」です・・・ってな訳で、ISO800 でノイズが目立つ事+ピンボケ写真が混じっていますが、会場へ行った気分になれるくらいの物量を撮ったと言う事でその辺りは大目に見て頂けると幸いです(苦笑)

●モデラーズクラブ合同作品展・撮影率7割だけど【極】と名乗ってもいいよね?スナップ集

その1その2その3その4その5その6その7その8その9その10
その11その12その13その14その15その16その17その18その19その20
その21その22その23その24その25その26その27その28その29
*一つのグループで100枚前後の写真が格納されています。

●モデラーズクラブ合同作品展で気になった作品達

ネタ編
どー見ても中の人がいるピカチュウ、ザク豆腐の型を再利用した作品、BREAK-AGE のトリックスター、ちっちゃいテッカマンブレード、マッチョポーズをするサイコガンダム、アオシマ繋がりだろうと思われるはやぶさ+アトランジャーの合体作品、ダンボールガンダム、ノーベルガンダムなセーラー戦士達+α、薬用紫電改のボトルに入った紫電改、ミストルティン先生な痛車等、ネタ系として個人的に面白いものを集めてみました。

バーチャロン編
下半身がフェイ・イェンの脚になっている某魔法少女や、開発者も思わず絶賛したマイザーの作品群、超細かい CIS 突入艇等、個人的にチャロンファンなんで会場で特に目立っていた関連作品を集めてみました。

スィーツ?編
思わず美味しそうと思ってしまったゾッグのケーキと、ある意味これがホントのフライングパンケーキです。

アッガイたん編
相変わらずモデラー達に大人気?のアッガイたんを集めてみました・・・この中で特に個人的に印象的だったのは、しんかい6500風のアッガイたん、そして元ネタ通りに三体合体するアッガイキングでしょうか(笑) あとアッガイたんじゃないけど、一部某浦安ネズミ風な面白いジュアッグたんもいたので紹介。

餃子編
数は少ないけど、今年は何故か餃子プラモが目立っていた気がします・・・ので、ちょっと集めてみました。どの作品も美味しそうな感じでしたが、一部はスプラッタが入っていましたね(笑)

マクロス&ヤマト編ガンダム編
夕日に映えるマクロス(細部の光源はブラックライトを照らす事で実現していた夕日に映えるマクロス、細部は一からハンドメイドで作った木製の宇宙戦艦ヤマト、デンドロビウムの有名なシーンを再現した巨大な作品、敵将を打ちとって首を持参している姿がカッコ良すぎなガンダム、戦場を駆るガンキャノンのカッコいい勇姿、仏教文化とガンダムの融合作品、巨大なホワイベース等、マクロスとヤマトとガンダムで個人的に印象に残ったものを集めてみました。

城編
今年は城も目立っていた気がします・・・で、個人的には特に山々が紅葉する風景が印象に残った安土城がいいかなぁ~と思ったので紹介。

航空機編
わが青春のアルカディアに登場するファントム・F・ハーロックII世とメッサーシュミットのカッコいいセット作品、今年自分が見た航空機で一番カッコいいなぁ~と思った A-10、そして骨組みやコックピット周りが細かすぎて印象に残った機体を集めてみた。

情景編
戦場の雰囲気が良く伝わっているジオラマ、朽ちた船の雰囲気に趣を感じたジオラマ、ザクがパラシュートで降下中している雰囲気がとても良く伝わって来たジオラマ、朽ちたトイレが如何にも臭そうな雰囲気(笑)を感じたジオラマ、生活臭の漂うジオラマ、深海活動中の様子がリアル過ぎるなぁ~と思ったジオラマ、これぞ箱庭!と言う感じが良く伝わってきた鉄道ジオラマ等、個人的に特に印象に残ったジオラマ作品を集めてみました。

印象編
遠近法を巧みに使って見る場所で違った雰囲気を感じる事が出来る絵画みたいなジオラマ、一見すると「祈り」と言うタイトルの意味がわからなかったけど、よく見れば道端の地蔵にお祈りをしている兵士の姿を強調していたのか・・・と言う事で個人的に面白いジオラマだと思った作品を紹介。

ジブリ編
千と千尋の神隠しのワンシーンをリアル過ぎる程に再現していた作品、ある意味合同作品展名物?の宮崎メカ模型クラブのラムダ制作進行ネタから今年はラムダじゃなくてシグマの関節部分しか手をつけていなかったとの事なので思わず撮ってしまったシグマ、そして細部や照明まできめ細かい作りだったトトロのサツキとメイの家を紹介。

大人の作品?編
休暇中?の女性兵士達のジオラマ作品・・・ですが、何となくケツがエロかったので思わず撮ってしまったです(笑)

ちなみに例年撮った写真は自宅のファイルサーバに保管して紹介していますが、インフラが ADSL8M 環境なので、アクセスが集中すると表示に時間が掛かっていました・・・ので、今年は Picasa ウェブアルバムに写真をアップロードしましたので、少なくとも例年に比べて表示は早いと思います(更に言えば Google+ のアカウントがあれば共有自由です)



p.s.
それにしてもこの調子で来年も参加クラブが増えると、最早独りで回り切るのは完全に不可能・・・そうなると増々見逃す作品も更に増えて本当に困りますね・・・なので、来年は本気で効率を考えて回らないと駄目だよなぁ~と思うけど、そうなると「見る」ではなくて「義務」と言う感じになって、それはそれで嫌だよなぁ~と思ったりするので、ちょっと葛藤しますね(苦笑)

|

« 2012年4月 | トップページ | 2012年6月 »