« 8月7日:先週末に見かけた秋葉原のネコ達 | トップページ | 8月29日:福井の猫寺・御誕生寺へ行って至福の時を過ごしてきました! »

8月12日:雁川の薄い本キタ━━━━(゚∀゚)━━━━!!

兼ねてから予告されていたアキバクラスタ達から絶大な支持を受ける秋葉原のど真ん中にある中華料理店・雁川の魅力を人気メニューの「雁ちゃんセット」や「チャーハン類」を主軸にして紹介した同人誌(いわゆる雁川 or 雁マスの薄い本)が発売されたと言う話を聞いたので、早速買って来ました。

雁川のマスターこと雁マスが腕を組んで不敵な笑顔を振りまいている姿から「ど~だ!俺も今じゃアキバの有名人だぜ!!」的な圧倒的な自信と貫禄に満ち溢れているような感じが表紙から伝わってくる・・・そんな雁川の同人誌・・・その内容は冒頭でも言ったように人気の日替わりメニュー・雁ちゃんセットと、同じく人気メニューの日替わり/週替り/週末限定のチャーハンの過去に登場したメニューのレビューを主軸にして雁川の歴史、雁川の一日を密着したレポ、メニュー誕生や雁川や雁マスに関する裏話、そしてエロゲ屋さんのメディオ!秋葉原店の店員であり雁川のスーパー常連ことタントゥー氏のコラム等、全65ページいっぱいに雁川愛が詰まった1冊になっています。

特に過去メニューのレビューに関しては、メニューの写真が今にも本から飛び出してきそうな感じに撮られていて、この本を御飯のおかずにする事が出来るくらい非常に生唾ゴクリもの写真であるのが素晴らしいです(メディオ!秋葉原店のタントゥー氏に敬意を表して敢えて曲解してエロゲに例えるなら「この本をオカズにしてヌク事が出来ない奴はイ◯ポ野郎だ!」と言う感じです(笑))

そんな訳でこの本を通じてメニューの写真とそのレビューを見れば、雁川の魅力に取り憑かれ秋葉原へやって来る機会があれば同店を必ずチェックする行動に駆られるのは間違いないかと思います・・・が、敢えてこの本の苦言を言わせてもらうと、表紙にも書かれた一期一会の言葉の扱い方に違和感を感じました。

一期一会の詳しい意味は割愛しますが、例えばこの本が雁マスが一期一会の精神で作ったメニューを指していたのなら言葉の違和感は全く感じませんでしたが、この本の3ページを見ると単に二度と食べる事が出来ない雁川のメニューの事を一期一会の言葉を借りて表現しているだけのように見えるので、本来の一期一会の言葉の意味を考えると違和感を感じる訳です。

本をよく読んでみれば「日替わりメニュー等=一期一会のおもてなしメニュー」と説明している箇所があるので、本来の一期一会の意味を指しているような感じだけど、3ページに書かれた文言を使って考えると、それらのメニューに対して一期一会な料理の数々をお楽しみ下さいと言われても、二度と食べられないメニューを食べる事が出来ない人達は一体ど~やって楽しめばいいのか? そしてそんな思いを感じる事が果たして一期一会に繋がるのかと言う疑問が湧くのです。

つまり雁川未経験者が見れば本の製作者達に対して「こんな美味そうなメニューを食べられて本当に羨ましいなぁ~」と言う気持ちが生まれるのは当然だけど、しかし二度と食べられないメニューである事を改めて知ると、そこに残るは羨望の気持ちからなるため息だけですよ・・・なので、そんな思いを感じさせる事が一期一会なのかと思う訳です・・・もっともこの感想は的外れで何言ってるんだコイツ的かもしれませんけどね(苦笑)

いずれにしても全65ページのフルカラー本で価格は980円と、ページの割にはお高いイメージもあるけど、これ1冊を雁川持っていけば、人気の日替わり・週替り・週末限定チャーハンの並盛が1回だけ無料になるクーポン(有効期限2013年12月30日)が付いてくる事を考えれば、ハッキリ言ってタダに等しい値段・・・そして何よりもアキバクラスタ達が絶大な支持している店の魅力に迫れる1冊なので、雁川好きは勿論秋葉原の飯テロを通じて雁川に興味を持った方なら絶対買って損なしな1冊なのは確定的に明らかです・・・真面目に。

そうそう・・・雁川の同人誌はメディオ!秋葉原店で買って来ましたが、その時同店で売っていた様子がこんな感じ・・・

エロゲヒロインの平台に置かれたり、エロゲヒロインの裸エプロンとコラボしたりと・・・エロゲ屋さんだから当然だとは言え雁マスの扱いが酷すぎて(褒め言葉)、雁川のレギュラーメニューの豚しょうが焼きチャーハンのトリプル盛りクラス級に笑ってしまったです。

参考リンク:
GANSEN ~秋葉原の地下中華料理店・雁川の本~公式サイト
雁川の同人誌の裏話



p.s.
秋葉原にある飲食店の1つにスポットを当てて魅力溢れる内容として昇華したこの同人誌・・・
この本の売れ行きと知名度が向上すれば、別の飲食店から「次は是非うちの店を・・・」と言うオファーがあるかも。
でもこの本は「店への愛」がなければ多分出来ないと思うので・・・
愛が無ければ、後にも先にもこのクオリティを保った秋葉原の飲食店の同人誌は出てこない・・・そんな気がしました。
あ、案外肉の万世本とか出てきそうな気が・・・(笑)

あと、これだけ魅力あふれる雁川本なのに、肝心の雁マス自身の言葉 or 本名がないんだけど・・・何故?(笑)

|

« 8月7日:先週末に見かけた秋葉原のネコ達 | トップページ | 8月29日:福井の猫寺・御誕生寺へ行って至福の時を過ごしてきました! »

秋葉原」カテゴリの記事

駄文」カテゴリの記事